歯科でインビザライン~矯正でスマイルに自信を持とう~

医者と患者

しかめられないために必要

歯医者

程度に差はあれ、ヒトはみな臭いのするものである。口臭についても同様であり、よい香りにしろ悪臭にしろ、生きている以上口臭というものは誰もが持っているものである。よって、神経質なまでに口臭を除去しようと試みる必要はない。当然、あまりの悪臭に周囲の人間が顔をしかめるならば話は別である。口臭の原因は、口内に住む細菌が食べかすを分解する過程で発生するガスである。このガスが揮発することで臭いが現れるのであるから、ガスを発生させる根源的な原因である食べかすの除去が口臭を低下させることに繋がる。唾液には、殺菌効果がある。これはすなわち、唾液の分泌量が増えれば口内細菌の活動を低下させることができ、口臭を抑えることができるということである。ガムなどを利用して唾液を増やすことが自身でできるケアの1つであると言えよう。口内環境は口臭を発生させる原因ではあるものの、呼吸器や消化器などの変調により口臭を発する場合がある。この場合においても原因となる病変を取り除く必要があるため、セルフケアは困難となる。歯を失う原因の第一位が歯周病。虫歯になって歯を抜いちゃう人より、歯周病で抜けちゃったり、抜くしかなくなったりした人の方が多い。歯周病って怖いけど、ちゃんと歯磨きして歯を清潔にしてれば十分予防できるといえる。歯磨きサボるともちろん歯周病できちゃうけど、防ごうと思ったら全然防げる。歯科に行くことで歯周病や口臭を防ぐことが可能です。ただ、口臭の原因により、歯科に行くだけでは改善されないこともあるため気をつけるといいだろう。歯科に行くと歯周病を治療してくれる。