歯科でインビザライン~矯正でスマイルに自信を持とう~

医者と患者

口内トラブルを防ぐ基礎

白い歯

虫歯や歯周病など、様々なトラブルの原因はずばりプラーク。細菌と食べかすが混じりあって歯にくっついたプラークは、取れにくい上に放置すると口内トラブルを招く原因になります。なるべく早く、かつ正確に除去するために必要なのは歯磨きです。そして、歯磨きをサポートするためには歯磨き粉が欠かせません。フッ素が配合されていると虫歯予防に効果的です。歯磨き粉には研磨剤が含まれているので、プラークを除去するために重要です。さらに、フッ素配合の製品を選べば歯の再石灰化を促してくれるので、虫歯予防もできて一石二鳥。選ぶならフッ素が配合されたものを選びましょう。濡らして使うより、乾いたままがいいです。歯磨き粉を使う時は、濡らした歯ブラシよりも乾いたままの歯ブラシの方がいいんです。歯磨き粉にかぎらず、洗剤の類は濡れているとすぐに泡立ちますよね。これを乾いたまま使うことで、泡による「磨いた気分」がすぐには起こらなくなってしっかりと磨くことができます。

歯を磨き終わった後、たっぷりの水で念入りにすすぐ人も少なくないはず。でも、すすぎすぎると歯磨き粉に含まれるフッ素などの成分も一緒に流し出してしまいます。ですから、磨き終わった後は軽く流す程度で十分なんです。ただ、どれだけ歯磨きを行っても取り除けない歯垢があります。そのような歯垢をとりのぞく時は歯科に行くといいでしょう。歯科だと、歯の隙間の歯垢を取り除くことが可能です。歯科では虫歯を治すことも可能です。